今流行りの1on1ならぬ、2on1?!しかも、ランチ?!

社内間交流をもっと活発にしたい!という思いから、社員起点で立ち上がったインナーコミュニケーションプロジェクト。そのプロジェクトが企画してくれた「2on1ランチ」を、今回はご紹介いたします!

2on1ランチとは、「先輩社員 2人」と「新入社員 1人」とを組み合わせてランチに行くという企画です。

なかなか社内での人間関係を築くのって入社したての時って難しいですよね。。
特に仕事であまり関わらない部署の方とかって話す接点も少ないですし・・・。
この点は先輩社員も同じ悩みがありそうですよねー。

そんなお悩みが、今回の企画では解消できそうですね!
でも、やっぱり初めましての人同士のランチってどんな感じなんだろう・・。

話って弾むのだろうか・・?と思いまして、今回は、実際に参加された先輩社員のYさんに「2on1ランチ」について少しインタビューしてみました!

Q:まずは、参加しようと思ったきっかけを教えてください!
A:私は現在、入社4年目で、入社後はずっと開発業務に携わっています。新入社員ではないので、ある程度の人間関係はあるものの、どうしても普段の会話は同じ部署の方で完結してしまい、他の部署の方と話す機会がなかったので参加しようと思いました。

Q:初めまして!の方も多かったと思うのですが、、ぶっちゃけランチは盛り上がりました・・?
A:ランチでは、現在どんな業務を行なっているのかや、共通点の話について盛り上がりました。
事前に趣味嗜好に関するアンケートがあり、その共通点があると言う前提でメンバーが組まれ、共通点を探ると言うのがランチの趣旨であったためです。ランチ風景をみなさまにお届けできればと思ったのですが、、大人の事情により、お料理中心の写真となっております。


Q:仲良くなれるように、プロジェクトで共通項を探し、マッチングをしてくれていたなんて!配慮が素晴らしいですね!実際、参加してみてどうでしたか?
A:他の業務の方と話すことで意外なところで人や仕事のつながりがあることがわかり、大変有意義でした。また共通点を探すと言うテーマがあったことで、初めての方ともその話題で話がしやすくて大変よかったと思います。

Yさん、貴重なご意見ありがとうございました^^
参加者への配慮がたくさん垣間見れる企画もあってか、とても有意義な時間となったようですね!

インナーコミュニケーションプロジェクトでは、2on1ランチ以外にも拠点間の溝を埋めるために、拠点別メルマガを全社発信したりと日々頑張ってくれています。

社内にある要望や課題を他人任せにすることなく、社員起点で気づいた者同士協力しあって、どうしたらよいか?と課題解決に乗り出すのってできそうで、なかなかできないもの。それを日々がんばってくれているプロジェクトメンバーには感謝ですね!

引き続き、インターコミュニケーションプロジェクトの取り組みを定期的に発信していこうと思いますので、乞うご期待!