【若手社員PickUp!Vol.1】亀田さん、西村さんへインタビュー@東京オフィス

こんにちは、シナジーマーケティング本田です。

今回は、【若手社員PickUp!】ということで、
第1弾は、東京オフィスで活躍する2名の社員にお話を聞いてみました!


亀田 彩佳

2016年新卒入社、知能情報学部卒業


西村 将之介

2016年新卒入社、法学部卒業

==今の業務内容を教えてください。==
亀田:私は、当社クラウドサービスの「Synergy!」などを企業に変わって設定代行する部署でディレクターをしています。当社の営業が企画提案したキャンペーン施策に対して、企業が「やりたい!」と思っても、そのために必要なSynergy!の設定に時間を割くことができない企業も多いです。その際は私たちの部署が、キャンペーンの応募データを管理するデータベースや応募フォーム、通知メールなどを企業に変わって設計・設定を行います。

西村:営業として働いています。先輩の担当していたお客様を引き継いで、その継続対応を行ったり、当社から追加で提案を行うことが業務の中心です。当社のビジネスモデル上、お客様にシステムを継続的に使っていただくことが売上に直結するので、どのように支援していけばお客様に満足していただけるだろうかと、日々試行錯誤しながらお客様とやり取りしています。

==入社後一番感じる変化は?==
亀田:「この要望であればこんなこともしたいかな?」というように、次にくるであろう更なる要望が何かを考えることが多くなったように感じます。データベースは一度設定すると、その後大きく方針を変更することが難しいものです。しかし、企業にとってSynergy!は使い切りのサービスではなく、継続的に利用していくサービスになります。そのため、設定時には様々な要望に対応できるように多くの利用パターンを想像するように心がけています。

西村:仕事に対する視点が変わりましたね。入社当時は、「社内で認めてもらいたい」という思いが強く、自分が出来ることは、社内の雑用・打合せ議事録など何でも取り組んでいました。ですが、現在は出来ることも少し広がり、「日々向き合っているお客様にどのようにしたら喜んでいただけるか」を日々の思考・行動の中心に置くようになりました。視点が社内向きではなく、よりお客様向きになったと感じています。

==今後の目標は?==
亀田ディレクター視点で施策が提案できる人になりたいと思っています。ディレクターは、担当企業がどのようにSynergy!を利用しているのかを把握する必要があります。その立場を活かし、広告やWeb、開発などの知識を身につけて、「このデータがあるならこんな活用方法がある」といったような支援の仕方をしたいと思っています。

西村:この一年は営業として、お客様が必要としているものを適切に捉えお届けするよう努めてきましたが、今後はそれだけではなく、お客様がまだ認識できていない課題を、現状把握から始めて一緒に見つけ、解決まで導ける営業になりたいです。また、西村と言えばこのお客様、と言われるような関係性を築きたいです。いずれも、本来の目的となるお客様の成果に貢献するためのステップだと考えています。

◆2019卒新卒採用 募集要項・エントリーはこちらから!◆
シナジーマーケティング採用情報 Facebookページ