【若手社員PickUp!Vol.3】鎌田さん、樽井さんへインタビュー@大阪オフィス

こんにちは、シナジーマーケティング本田です。

今回は、【若手社員PickUp!】企画、
第3弾を迎える今回は、大阪本社で活躍するこちらの2名の社員にインタビューしました!


鎌田 悠平

2016年新卒入社、工学部卒業


樽井 みずき

2016年新卒入社、体育学部卒業

==今の業務内容を教えてください。==
鎌田私は、当社の主力製品である、顧客データ管理ツールSynergy! の新機能開発および保守業務に携わっています。 Synergy! とは、企業様が持つ顧客の属性データ、購買データ、Web上でのトラッキングデータを、データベースで一元管理し、一人一人の顧客に寄り添ったメッセージ配信を行える製品です。 私は、このSynergy!のトラッキング機能の担当をしていて、大規模なトラフィックを捌くための改善を日々努めています。

樽井:私は営業として、企業のWebマーケティング課題を解決すべく、様々なソリューションをご提案しています。最近では、企業に対して長期的にCRM全体の支援を行い、PDCAを回しながら企業のWebマーケティング課題を解決していくような案件を多く担当しています。また、より多くの顧客を呼び込むためのコンテンツマーケティングの案件なども行っています。

==入社後一番感じる変化は?==
鎌田プログラミングがより好きになりました!(笑) 学生の頃は授業で出される例文に沿ったプログラムを書いて、練習問題を解いたら終了、みたいなものが多く、正直やりがいを感じることが少なかったです。 この会社では、「この処理をもっと早くしたい」とか「こんな機能があったら使いやすくなりそう」といったような、課題に対するアプローチとしてプログラムを書きます。 自分なりに試行錯誤を重ねながら完成させたときは、とても達成感があり、やりがいを感じるようになりましたね。

樽井:仕事に対する責任感です。商談での自分の一言一言、メールでの一文一句に対する責任の持ち方が変わりましたね。最初は先輩にフォローをしてもらいながら仕事を進めますが、だんだんと一人でできることが増えてくると、その分責任も大きくなります。ひとつひとつの言動、行動、対応が、お客様(企業)に何らかの影響を与えているんだ、という意識をさらに強く持つようになり、妥協することや中途半端になるということは一切なくなりましたね。

==今後の目標は?==
鎌田:目標は担当機能の専門性を深めていくことです。 これは自身の技術職としての価値を上げるためには必要不可欠です。 「何でもできます」と言われるよりも、「〇〇な領域が専門のため××という課題を△△で解決できます」と言われる方が信頼されます。 そのために、担当する機能でこれからも実績を積み専門性の高い技術職を目指していきます!

樽井:「私」の営業に対して価値を感じ、取引を望んでくださる企業を増やすこと。当社の営業は、ただサービスや製品に詳しいだけではそれ以上の価値は生み出せません。企業の本当の課題を理解した上でソリューションを提案し、「この人の自社に必要だ(価値がある)」と思っていただくことも重要です。そんな営業を目指して頑張ります!

 

◆2019卒新卒採用 募集要項・エントリーはこちらから!◆
シナジーマーケティング採用情報 Facebookページ