ユーザーの
本当の課題を解決する
プロダクトを作りたい

メディアソリューション部
マーケティング
テクノロジーグループ
土屋 江里佳
Erika Tsuchiya
ENGINEER

入社した理由

未経験でも、この環境で挑戦したいと思った

大学院では生物学を専攻していたので、 就活を始めた頃は専攻を活かせる研究職での就職を考えていました。シナジーマーケティングを知ったのは偶然なんです。就活イベントで空き時間ができたときに、ブースを見かけて立ち寄ってみました。それまではマーケティングについて全然知らなかったんですけど、話を聞いているうちに「こういう世界もおもしろそうだな」と思ったので、勢いでエントリーしました。


初めは総合職、技術職のどちらにするのかも決めてませんでした。選考中の会社説明会に何度か参加するうちに、プロダクトそのものへの興味が強くなっていったんです。そんな中、採用担当者に「エンジニアに向いてるんじゃないか」と言われたのもあって、技術職採用として選考を進めることにしました。


その後の選考では、未経験なことを考慮して、プログラミングの課題を出されたのですが、当時はその方面の知識が何もなかったので、会社の技術ブログ(TechScore)を見たり、大学の図書館で初学者向けの本を借りてきたりしてましたね。実際にやってみると面白いなあ、と思ったことを覚えてます。


最終的にこの会社に入社を決めた理由は、社員の人柄や考え方に惹かれたからです。会う人に仕事のスタンスや考え方を聞いていると、いろいろな意見がある中で、共通して会社の行動基準(A Sense of Values)に沿った考え方をしていると感じました。しかもそれを社員が体現できているのがとても印象的で、「この人たちと働きたい、こんな風に働けたらかっこいいな」と思うようになりました。気づいたら、未経験でやっていけるかという不安よりも、憧れの方が大きく上回っていました。(笑)


私の仕事のこだわり

ユーザー理解のために、手間を惜しまない

1年目は、周りの言っていることが「それ日本語なの?」と思うぐらいさっぱり分からず、ついて行くのに必死でしたね…。先輩社員に、業務についてとても丁寧に教えてもらいながら、開発の一部を担当していました。2年目に入った頃に自分にとって大きな機会があって、社内業務を効率化するツールを1人で開発することになったんです。先輩にフォローしてもらいながら何とか完成させました。ツールを実際に使った人に「仕事が楽になった」と言ってもらえた時は、嬉しくてそれまでの疲れがどこかに飛んでいきましたね。(笑)


この経験をきっかけに、開発をする上でユーザーの存在を強く意識するようになりました。技術のことだけではなく、ユーザーの本当の課題を理解しなければいけないと思ったんです。


「ユーザーが求めているものを開発しよう」というのは当たり前だと思うんですけど、やってみると実はすごく難しくて。要望が上がったものをそのまま開発すると、本当に必要な機能と違ったりすることもあります。


私のチームでは、新機能を企画する段階で、企画担当者だけでなくエンジニアも関わっています。課題の背景を知るために、操作しているところを実際に目の前で見せてもらったり、プロトタイプを作った後に、使い心地を企画担当者と一緒に確認したりします。社内でお客様A役、B役などを用意し、実際に使われるシーンを想定してロールプレイングをしたりもします。やってみると大変なんですけど、役になりきることで、「この流れだとこの操作がしづらいよね」とか「この機能も必要じゃない?」など、新たな気づきを得ることができるんです。


使う人がいてこそのプロダクトなので、ユーザーの目線を知るための手間を惜しまないことを大切にしています。


今後の挑戦

チームに貢献できる存在へ

私の周りには、最新の技術の情報をキャッチアップして開発をリードする人や、技術だけでなくチームビルディングにも長けた人がいたりなど、すごいと思える人がたくさんいまして。「自分なんてまだまだだな」と思うことがたくさんあるので、いつもスキルアップを心がけています。


例えば、社内・社外問わず、面白そうと思った勉強会は積極的に参加してみるようにしていますね。もちろん参加しただけでスキルが身につくわけではないのですが、新しいことを知って何かを始めるきっかけになるので、機会として大切にしています。自分が発表することもあるのですが、発表を聞いてくださった人からフィードバックをいただけたりするので、それがまた楽しかったりします。そういえば、プログラミング言語の勉強会に参加してるうちに、その運営メンバーになったりもしましたね。初めはよく分からず参加していたことを考えると自分でも成長を感じます。(笑)


これからはアーキテクチャ設計など、プロダクト開発に大きく貢献できる存在になりたいです。「この人がいれば安心して開発が進められるね」という存在になって、今まで支えてもらった分をチームに返していきたいですね。


こんな人に来て欲しい!

新しいことにも、「まずはやってみよう」と思える人

「どういう人がエンジニアに向いている?」…難しい質問ですね。(笑)いろいろな視点があると思うのですが、1つは「知らないことに興味を持って取り組めるかどうか」ではないでしょうか。


IT業界は変化が激しくて、1年前の情報が古くて使えない、といったことがよくあります。勉強しないと世の中の流れに追いつけないので、まずは新しいことに興味を持てるかが大切だと思います。逆に言えば、興味を持って取り組めるなら、誰でもスキルを伸ばせるとも思いますね。うちの会社に限らず、社会人になってからエンジニアとして活躍している方はたくさんいらっしゃいますし。


あと、知らないことに触れたときに、面白そう、もっと知りたい、と思える人は、一緒に働いていてとても刺激をもらえます。「〇〇してみたから見てほしい」なんて言われると「なんだろう!」とか「プロダクトに応用できるかな?」と思ったりして、ワクワクしちゃいますね。(笑)


そういった、やってみよう精神がある人と、人の役に立てるプロダクトを一緒に作っていきたいです。


奈良女子大学を卒業後、同大学の大学院で遺伝子解析による原生生物の分類を研究していた土屋。社会人として費やす40年近い時間を考えると、未経験でも十分成長できるはずと考え、新しい分野へ挑戦することに。

入社後は受託開発を行う部署に配属され、その後、広告関連のサービス開発を行う部署に転属し、開発に携わる。開発メンバーや営業担当者と連携を取りながら、新機能の開発、既存機能の改善に取り組んでいる。

土屋が楽しそうに話している姿をよく見かける。普段から周囲への細かな気配りも欠かさず、チームにポジティブな雰囲気を生み出している。

ユーザー目線を大切にしながらも、チームへの貢献も欠かさない。その根幹には、常に人に対する「Hospitality」と、その想いを形にする「Challenge」の姿勢がある。さらなる貢献に向けて日々努力する土屋には、大きな期待が集まっている。