CRM革命への挑戦が、今、はじまる。 TOP Message

New Graduate

Information

採用ブログ

新卒はじめての任務、お花見BBQの極意「ビールを冷やせ」の伝承

こんにちは、広報の広瀬です。 4月上旬に大阪で開催されたBBQの様子をご紹介します。 新卒社員の登竜門とも言える、はじめての任務がお花見BBQの企画運営です。今年は桜の時期が早く、お花見は諦めました。他イベントとの日程の兼ね合いで、日程優先での開催です。 新卒メンバーの工夫 ・テーマ 「自分たちを知ってもらおう、名前を覚えてもらおう」とし、名前を覚えてもらえるようなクイズ大会を実施! ・小さいお子様も楽しめるコンテンツ 今年は、シャボン玉を用意。楽しんでくれたようです♪ ・先輩社員のアサイン 当日の役割分担を考えたところ、新卒だけでは人数が足りないということになり、2年目の先輩社員をアサインしていました。先輩たちは、快く引き受けてくれたそうです。まわりを巻き込む力、大事です。 ・紙の案内 先輩社員と対面コミュニケーションを取りたい、集客目標を達成したい、ということで、紙の案内を作成し、手渡しで集客を行っていました。もちろんメール配信も! ・お肉をたくさん BBQなのに、お肉が少ないと残念だよね、ということで、お肉をたくさん準備。みんなここぞとばかりにお肉に群らがっていたようです! BBQの極意「ビールを冷やせ!!」 何年も伝承されている当社、外飲みイベントの開催極意です。ビール好きは、キンキンに冷えたビールじゃなきゃ嫌なんです!冷たいビールの提供は、社長の田代の譲れないポイントなんです! 「そんなに冷えてなくても良いんじゃない…」なんて、ぬるい考えは禁物! 冷えたビールと美味しいお肉があれば、BBQは成立する 笑 お花見などを新卒のはじめての任務としている企業は他にもあるかと思いますが、企画運営は、思いのほか難しいものです(ちなみに、安全面から、深夜や早朝からの場所取りは禁止しています)。 友人同士でお花見やBBQをするのとは違って、集客や満足度、予算を意識して企画運営をしなければなりません。先輩や上司からは、仕事ぶりを見られていそうで、新卒にとっては、気の休まらないイベントになったかもしれません。

田代塾:新卒研修「プレゼンテーション術の習得」

こんにちは、広報の広瀬です。 当社には、「田代塾」という、社長の田代が実施する営業研修があります。その田代塾の1つ、新卒社員向け「プレゼンテーション研修」の様子をご紹介します。 入社から約3週間、新卒研修プログラムの中でも最も緊張感のあるプログラムと言えます。 学生向けの採用説明会では、教育・研修制度についての質問がよくあります。当社が実施している研修の1つなので、興味のある方は、ぜひ、お読みください。 新卒社員向け「プレゼンテーション研修」 ・目的:提案資料作成およびプレゼンを行うための基礎技能習得 ・概要: ①与えられたテーマや条件をもとにプレゼン当日までに、各自提案資料を作成 ②評価者(社長はじめ管理職)をお客様に見立て、資料をモニタに投影し、10分プレゼンを実施 ③数名の評価者からフィードバックやお客様目線での質疑 ④プレゼン1位「田代賞」の発表 (プレゼン中に評価者が入力した採点シートを集計し、その場で発表されます) 田代をはじめ15名を超える管理職を前にしてのプレゼンは、貴重な体験になったと思います。私も新人の頃にこういった経験をしたかったです! プレゼン研修の結果をお伝えする前に、プレゼン術の一部を私なりにまとめました。 成功するプレゼンテーション術 成功するプレゼン術として、「ストーリー」「ビジュアル」「デリバリー」が三大要素と言われています。ネットでも様々なポイントが紹介されています。新卒社会人の皆さんや、何から手を付ければ良いかわからない方は、ぜひ調べてみてください(要素は他にもたくさんありますし、「CTPT」など色々ポイントがあります)。 ■ストーリー 要素を整理し、ストーリーを考えていきます。いきなり本文を書き出して良い資料に仕上げるのは、難しい! 1. ターゲット=誰に伝えたいのかを考える 担当者の山田さんなのか、決裁権限者の鈴木部長なのか、訴求対象者が誰かを定めます。 2. 情報収集・整理 例えば企業への提案ということであれば、サイトやSNSでお客様企業の情報を調べ、要素を書き出し、情報を整理します。 3. プレゼンの目的(=ゴール)を考える ①理解してほしいのか ②興味を持ってほしいのか ③購入してほしいのか 「①、②」は共通ですが、「③」の行動は、他にも色々あります。 4. 想定・想像 お問合せ内容や要望、「2.」から、お客様(聞き手)の課題や問題を想定・想像する。 5. ストーリーを考える 「1.~4.」をもとに、ストーリー(順序)を考えます。 例えば、「問題提起」→「提案」→「具体的な手段」→「価値」→「結論」。 ・SDS法:要約→説明・詳細→まとめ  ⇒汎用的 ・PREP法:結論→理由→具体例→結論 ⇒理解してほしい場合に適している ・DESC法:描写→表現→提案→結果  ⇒承認してほしい場合に適している ストーリー作りは、手書きでも、パワーポイントのページタイトルを入力していくでも、自分に合った方法で。 ■ビジュアル プレゼンでは、聞き手は、投影資料を「読む」というより「見る」という姿勢になります。 伝えたいことを伝えるためには、ストーリーをビジュアルで聞き手の脳を刺激させ、記憶に残します。 ・事象の相関やフローを表す画像 → 理解が進む ・論拠となる表やグラフ → 説得力が増す ■デリバリー 意識すべきテクニックはたくさんあります。 ・声の大きさ ・話すスピード ・間 ・抑揚(強調) ・表情 ・身振り手振り 今回、研修を見学して、私自身が新人の頃に気をつけていたことを思い出しましたので、紹介します。 ・「っ、ゃ、ゅ、ょ」などの拗音・促音を使わない 「えっと」、「じゃなくて」、「ちょっと」、「やっぱ」… 言葉に詰まったりした時には、焦るあまり、拗音・促音が出やすくなります。これらは、稚拙な印象を与えてしまいます。また、「えっと」が連呼されると、聞き手は、そればかりが気になり、内容が入ってこなくなることも。「えっと」や「じゃなくて」などは、使わない!と、事前に意識しておくだけで、かなり抑えられます。 ・じゃなくて→ではなく、ちょっと→少し、やっぱ→やはり ・えっと→置き換える適切な言葉なし └対策:難しい言葉を使おうとせずに慣れた言葉で話す、沈黙を恐れない、心の中で言う さて、全員の発表が終了し、1位発表を待つ間に、副社長、事業本部 本部長・副本部長からアドバイスなど総評がありました。 そして発表です! 1位は、、、 「岸本さん!おめでとうございます!」 岸本には、田代賞として、「田代さんサシ飲み権」が付与されました。 (田代からは「誰か誘って良いよ」と岸本が女性であることへの気遣いが 笑) 最後は、田代から新卒へのメッセージでプレゼン研修は、終了しました。 打ち上げ プレゼン研修の夜は、打ち上げ♪ 打ち上げでは、1位を取れなかったことを悔し泣きしている新卒メンバーもいたとか。「配属後に結果を出して挽回します!」と、頼もしい宣言。新卒メンバーは、多くの管理職が自分たちのために時間を割いて研修に参加してくれたことに感謝していました。 新卒一人ひとりが管理職とコミュニケーションを取り、仕事への想いを語る、熱い夜になりました。 お客様に101点のサービスを提供するために、新卒メンバーは日々奮闘中です!

全社集会「Synergy!UNITE」 目玉はMVP表彰

先日、年に一度の全社集会が開催されましたので、ご紹介します。 全社集会「Synergy!UNITE(シナジーユナイト)」は、期初に全社員が一堂に会する社内イベントです。このイベント、最大の盛り上がりをみせるコンテンツ「MVP表彰」は、ページ後半にありますので、ぜひ最後まで、ご覧ください! 第1部 経営方針発表会 オープニング 臨場感溢れるサウンドとともにオープニング動画で幕を開け、司会の開会宣言ではじまりました! 第1部 前半 取締役による経営方針発表 目標、夢、そして「Next SynergyMarketing」について発表する社長の田代(写真左)、そして、前年度振り返り、今年度全社方針、人材・組織戦略について発表する副社長の奥平(写真右)。 第2部 後半 部門長による今期ミッション発表 部門長からは、今期ミッションなどについて発表がありました。司会から、発表者それぞれが「今ハマっていること」など、プロフィール紹介もあり、会場内は、クスクスと笑い(失笑?)が。良いアイスブレイクになりました! 第2部 交流会 第2部 歓談タイム 第2部は、立食形式で、お酒や美味しいごはんを楽しみながら、わいわい、がやがや。普段交流のない他部署メンバーや顔を知らない他拠点メンバーとも会話を楽しんでいる様子でした。 第2部 チーム対抗!「社員の名前に関する」クイズ大会 景品をかけて、チーム対抗のお名前クイズ! 「一番多い名字はど~れ?」「『東西南北』一番多く使われている漢字はど~れ?」など、社員約300名の名前に関するクイズが次々出題されました!BIツールTableauを使ったクイズ出題が、分析を生業としている会社っぽいです 笑 毎年2部の司会も社員が行っていますが、もはやプロ!?ナントカ感○祭のタレントを超える司会ぶりで大盛り上がり! 第2部 MVP表彰 このイベントで1番盛り上がるコンテンツ「Synergy Award」! 1年を通して最も活躍した社員に贈られる最優秀社員賞「MVP」をはじめ、数々の表彰があります。 緊張の中、賞状と賞金の授与が次々と行われました。 MVPの次に注目される「新人王」は、該当年度入社がなかったため、今年度はありませんでした。しかし今年は「社長賞」が出ました! そして最後に、、MVPは・・・ 最優秀社員賞「MVP」東日本事業部 東日本営業グループ 山内 省吾!! イベント終了時には、皆に胴上げされていました♪ 実行委員 毎年、全部門横断でこのイベントの実行委員が編成されます。今年度の実行委員は、入社1年未満のメンバーが多く、手探りの中、企画・運営を行いました。私も一員でしたが、普段一緒に仕事をしていないメンバーで、チームワーク形成からのスタートです。イベントが近くなるごとにチームワークを高め、各々実力を発揮! 先日終わったばかりですが、すでに来年が楽しみです 笑

TOP Message CRMと広告の連携を実現する

TOP Message

CRMと広告の連携を実現する

私は2017年、創業者谷井からバトンを引き継ぎました。
2001年に当社の前身であるインデックスデジタルに入社し以来、事業運営の責任者として、創業者である谷井とともに事業の成長に邁進してきました。

モノや情報が溢れ、人の価値観が多様化し、情報が届きにくくなってきた現在、CRM、メディアの重要性はより増しています。
そんな中、私たちは、2014年に圧倒的なメディア力、膨大なデータ量を持つYahoo! JAPANにグループインしました。

「CRM革命」は、その時に生まれた言葉です。

CRMを誰でも簡単に使えるようにしたい。
CRMデータと広告のシームレスな連携を実現し、劇的な広告効果を実現したい。
これは、まだ誰も到達したことのない前人未到の世界です。

創業以来我が社のサービスポリシーである「101点のサービス」

創業時のスピリットは決して忘れることはありません。
お客様からのご期待を超える、+1点の驚きや喜びを、私たちはこれからもご提供し続けます。そして、もっともっとお客様の喜びを集めて大きな声にしたい。
かつてない高精度なWebコミュニケーションを実現する、No.1の「コミュニケーションプラットフォーム」を築きあげたい。
私たちは、この理念に賛同し、共に歩んでくれる仲間を探しています。

私たちと一緒に、「CRM革命」に挑戦し、企業のマーケティングの常識を覆しましょう。

シナジーマーケティング株式会社
代表取締役社長
田代 正雄