CRM革命への挑戦が、今、はじまる。 TOP Message

New Graduate

Blog

開発者インタビュー:2019年ベストニューカマー受賞、今後取り組みたいこと

2018年11月中途入社、現在入社2年目のプロダクトソリューションGの石田に入社の経緯や今後力を入れたいことなど、インタビューを行いました。 2019年4月の全社イベントのアワードでは、なんと入社半年足らずで「ベストニューカマー賞(※1)」をスピード受賞しています。 ※1 ベストニューカマー賞とは最も活躍した中途入社2年未満の社員に贈られる賞です。 - 当社を志望した理由や動機を教えてください。 石田:前職はいわゆるユーザー子会社のSIer(システムインテグレーター)でした。固定のお客様(=親会社)がいて、その要望に応えるシステム構築が求められます。 やりがいのある仕事でしたが、同時に少し窮屈さと自分の中での伸び悩みを感じていました。 そんな経験から自分達で考えて良いと思う、作りたいと思うシステム作りに携わってみたいと考えるようになり、業界を絞らずに探していたときに当社に出会いました。 マーケティング業界は自分にとって未知の世界でしたが、会社説明や業務内容を聞いているうちに、自分だったらどんなマーケティングをされたいのかを想像するようになり、考えるうちに面白そうな仕事だと、やってみたいと思えたことが、当社を志望した一番の理由です。 - 現在の仕事内容を教えてください。 石田:主に「Synergy!(シナジー)」のカスタマイズと技術サポートを担当しています。 カスタマイズは、「Synergy!」の標準機能だけでは実現できないお客様の要望に対して、個別の機能を構築することで解決を図る開発業務です。 技術サポートは、営業部署などから寄せられる、「Synergy!」を利用した運用方法や、技術的な質問や相談に対して、解決方法の提案を行います。ここからカスタマイズ案件に話が広がることがあります。 「Synergy!」のカスタマイズを受注したときは、規模の小さなものは自らが開発を行いますし、規模の大きな案件は開発部署と営業部署との橋渡しを担います。また、「Synergy!」で障害が発生したときや定期メンテナンスが発生する際には、その内容を取りまとめて営業部署とコミュニケーションをとる業務も担当しています。現在は小・中規模のカスタマイズ案件を中心に担当し、経験を積んでいるところです。 - 今後、力を入れたいことはありますか? 石田:お客様にとって適切な設計になっているか、業務全体を俯瞰して検証できるよう取り組みたいと考えています。先輩方を見ていて、お客様の利用目線で業務を組み立てられているか、という観点で自分はまだまだ至らない部分が多いと感じています。 例えば先輩にお客様要望業務のシステム化の相談をすると別視点の思いもよらぬ回答が返ってきます。お客様の言葉をただ実装するのではなく、なぜその業務が必要なのか、本来どうあることがベストなのかまでに考えが及んでおり、「たしかに!」と声が出ます。 もちろん予算やスケジュールも加味してバランスを取る必要がありますが、少なくともシステム目線だけで判断せずに、利用者目線で良し悪しを判断できるようになりたいです。 ここからはプライベートについて聞いてみます。 - 趣味やハマっていることなど、プライベートの活動を教えてください。 石田:ドライブが好きで、車中泊しながらただひたすら走ることにハマっています。 関東にいた頃は毎週末、長野、富士、伊豆、箱根、南房総、那須をルーティンでドライブしていた時期もありました。静かで景色が綺麗なので、仕事を忘れてとてもリラックスできます。特に長野県の「ビーナスライン」と「志賀草津高原ルート」はとにかく景色が良く、一番のお気に入りです。初夏は青々とした新緑が広がり、空の青と高原の緑のコントラストが絶妙で、心が洗われる気分になります。春や秋なんかは一緒に自転車を持って行ってサイクリングコースを走るのも、気持ちが良くてお勧めです。 今住んでるところは駐車場の空きがなく、実家に車を預けているため、なかなか遠出できないのが悩みです。関西出身でありながら、関西のお気に入りコースを見つけられていないことに歯がゆさを感じていますので、一刻も早く開拓したいと企てています。 - 最後におすすめの映画を教えてください。 「バック・トゥ・ザ・フューチャーPART2(監督:ロバート・ゼメキス)」 (写真:左3点はテレカなどのPART2グッズ、右は3部作が詰まったトリロジーBOXのアウターケース) 石田:テンポの良さ、タイムマシンというシナリオが複雑になりそうな題材でありながら、シンプルで分かりやすい。 マーケティング視点だと、くどさを感じさせずに興味を引かせている、成功例の一つと言っても良いのではないでしょうか。 私は丁寧に伝えたいがために話が長くなるタイプだと自覚しているので、そのことを見つめ直すためにも定期的に見ています。と言いたいところですが、、単純に面白いので定期的に観ています。 バック・トゥ・ザ・フューチャーの写真ですが、石田ではなくシナジーマーケティング非公式映画コミュニティーからの提供です。AmazonなどWebサイト上の画像は権利関係の調整が難しいので、社員インタビューで掲載する映画や本の画像はすべて社員私物を撮影して掲載するようにしています。非公式映画コミュニティーについてはまた別の機会にでもご紹介を♪ 石田 一博 入社:2018年11月 所属:プロダクト本部 ソリューションマネジメント部 プロダクトソリューションG(大阪)   おわりに 石田がベストニューカマー賞を受賞した2019年4月の全社イベントは、石田自身がイベントのプロジェクトメンバーで筆者はリーダーでした。全社イベントは毎年開催していますが、入社半年足らずの石田にとっては参加の経験さえなく、かつリーダーの筆者は東京所属であり、大阪メンバーとは遠隔で進めるという若干無謀なメンバー構成でした。それにも関わらず開催地である大阪で良い感じに進めてくれました。こちらの要望や要求を汲み取る能力と柔軟性の高い人物という印象があります。 ちなみに愛車はSUBARUのレヴォーグだそうです! ※このコンテンツは、インタビュー時点の内容となります。

開発者インタビュー:技術を磨く?上流でのマネジメントを目指す?

2019年1月に入社した第四プロダクト開発グループの原にインタビューを行いました。文系出身で哲学科を卒業しているそうです。 当社の開発部の良いところや今後のキャリアパスについて話してもらいました。原はこう見えて20代なので(笑)、今後が楽しみです! - 現在の仕事内容を教えてください。 開発に従事していて、Synergy! のユーザが望む時間にメールやLINEの配信ができるよう、システムを安定稼働させるため新機能の開発や保守を行っています。 また、開発だけでなく、新機能の企画や仕様の検討にも参加させてもらっています。デザインや UX について意見を言う機会もあり、幅広い業務に関わらせていただいてます。 ー 当社の好きなところを教えてください。 当社のプロダクト開発部は、技術力が高く深い知識を持ったメンバーばかりです。 それでいて、誰もが相手を尊重する姿勢を持っている点が当社の強みでもあるし、私が当社を好きな点です。 小さなことでも誰かの成果を正当に評価する文化がありますし、失敗があっても決して個人の責任を追求せず、再発防止の仕組みを考えられる人々です。 相手を尊重し、互いに気持ちよく仕事ができる空気を作るように皆が努力しているし、実際に気持ちよく仕事ができています。 - これからどんなキャリアを築いていきたいですか? エンジニアとしていつまでもプロダクト開発に積極的に関わっていきたいです。 シナジーマーケティングには、現場で設計や開発を続けるエンジニアをしっかりと評価する文化や制度があると思っています。 会社によってはエンジニアのキャリアパスが、PG → SE → PL → PMといったように、いわゆる上流工程に限定されてしまう場合があると思います。 当社ではそういったことはないので、安心して自身の技術力を磨くことができます。 また、新しい技術であれ便利なものは積極的に取り入れていく文化もあるため、業務を通じて最新技術のキャッチアップができることも魅力だと思っています。 - 具体的に目指している像などありますか? 今、主に2人で仕事を進めているのですが、もう1人は当社のエンジニアTOP2の1人で、メインプロダクトの中心人物である技術のスペシャリストです。一緒に仕事をしていて大変勉強になります。彼はとにかく技術力が高くて、そこを私が目指すというのはイメージしづらいところがありますので、少し方向性は違うと思っています。 私は、ドメイン駆動設計の考え方を大事にしています。 なるべく当社のコア事業でありメインプロダクトであるCRMを理解しながら、CRMの考え方をコードで表現していくことに四苦八苦しているところです。 ここからはプライベートについて聞いてみます。 - プライベートはどのように過ごしていますか? 妻と一緒に出かけるか、外部の勉強会に参加するかのどちらかが多いです。 一昨年に結婚したのですが、まだまだ新婚気分で週末は必ず一日は一緒に過ごすようにしています。 前職では残業が多く、平日の夕飯を一緒に食べることができなかったのですが、今は残業がほとんどないので、毎日夕飯を一緒に食べられています。 また、外部の勉強会にも積極的に参加するようにしています。 当社はフレックスタイム制のため、平日大阪で開催される勉強にも参加できるため、参加する勉強会の選択肢が多くなり大変助かっております。 - 最後におすすめの本を教えてください。 「サーチ・インサイド・ユアセルフ――仕事と人生を飛躍させるGoogleのマインドフルネス実践法 /著者:チャディー・メン・タン」 Google 社内の研修プログラムにもあるマインドフルネスに関する書籍です。エンジニアの著者がマインドフルネスについて説明してくれるのですが、説明がわかりやすく具体的なため研修を受けなくても本を読むだけで実践できます。 集中力がないタイプの人間だったので、瞑想や呼吸法などで集中力を身につけられないかと思って手にとった本です。本に書いてあることを実践して、たしかに集中力も以前より上がったかもしれませんが、私がこの本から学んだもっと大事なことは人の話を聞く方法です。 人の話を聞くなんて誰でもできるかんたんなことのように思えますが、この本を読んで、相手のことを理解しようという姿勢で誠実に人の話を聞くということをこれまでやってこなかったかということを思い知らされた気がします。 この本は、家族であれ仕事仲間であれ相手をひとりの人間として尊重して接することの大切さを教えてくれた本で、私が普段から大切にしている考えの根本を作ってくれた本だと思います。すべての人におすすめできる本です。 原 草平|プロダクト本部 プロダクト開発部 第四プロダクト開発G おわりに 当社のテックブログの話を聞きたくて言語の話を持ち出しだところ、最近は「小鳥」という言語を使っていることを原に教えてもらいました。 技術に疎い筆者は小鳥を知らず、後で調べてみたら「Kotlin(コトリン)」でした 笑 既存言語を「いいとこどり」したようなプログラミング言語だそうです。 「Kotlin」についてではありませんが、原が今回初めてテックブログを書きましたので、ぜひご覧ください! TECHSCORE:Synery! のメール API を使ってメール配信を行う https://www.techscore.com/blog/2019/11/18/23713/ ※このコンテンツは、インタビュー時点の内容となります。

開発マネージャー対談:今でもエンジニア志向。でも課長の会計力は読みましたけどね。

エンジニア、プログラマーとして中途入社し、その後リーダーやサブマネを経てマネージャーになった安宅と長井に対談形式でインタビューを行いました。マネージャーになった経緯やマネージャーになって気付いたこと、必要な知識など。 二人から感じたのは管理職である今もエンジニアリングを大切にしていること。そして管理職ならではの知識の習得やコミュニケーションなど、広範囲に努力していることを知りました。 苦難を乗り越え、努力の末の今のようですが、ガツガツ感や熱さはなく(良い意味で!)、ゆるりとしていて(良い意味で!)、飄々とした雰囲気(良い意味で!)もあります。そういうところが当社の開発管理職らしいのかなと思いました。 二人の経歴についてはページ下部をご覧ください。 ― 当初から管理職が視野にありましたか? 安宅:入社当初は視野になかったです。プログラマーとして力をつけようと思っていました。2年くらい経った頃に目標とする人物ができました。その人がマネージャーだったので、マネージャーを目指そうと思い始めました。目指した人物(マネージャー)はマネジメントに従事しているタイプではなく、インフラ、ディレクション、取引先との商談などなんでもできる人でした。 5年目のサブマネの頃に大きなSI案件を担当し、その案件が成功しマネージャーとなりました。難しい案件を苦しみながらも成功させたことが自信のひとつになりました。この経験を活かして、という視点に切り替わったと思います。マネージャーになって4年が経ち、マネジメントってなんだろうと考えるようになりました。 長井:私も同じで目指していたわけではありません。入社してからずっとエンジニア志向でそれは今も変わっていません。入社2年目くらいに当時の開発部長に「リーダーをやってみないか、マネージャーをやってみないか」と言われて。エンジニア志向の私ですが役職を断ろうという思いも特になく、求められたことをやろうという気持ちでした。またその部長もコーディングからなんでもできる人だったので、役職に就きながらもエンジニアリングに携わっていられるイメージがありました。 ― マネージャーになってみて変わったことやわかったことはありますか? 安宅:マネージャーになってみるとお金の管理もしなければならなくなりました。簿記を学んで三級を取得し、「課長の会計力(著者:望月 実)」も読みました。タイトルは忘れましたが、リーダーの本も読みました。「メンバーをどうひっぱるのか」「リーダーとマネージャーの違いはなにか」「メンバーのアサインはどうするか」など、リーダーの本ですがマネジメント業務のヒントになることが多かったです。マネージャーになって気付いたのは、管理部などコーポレート部門とのコミュニケーションの重要さですね。備品・設備・環境づくりなどは管理部との連携が必要ですし、勤怠など労務管理もマネージャーの仕事です。当社の有休は時間休、半休、全休があり、かつフレックスタイム制なので有休の取り方のパターンがかなり豊富です。その時々にメンバーにとって最適な有休の取り方を管理部に教えてもらったりと。 長井:マネージャーってどういうものなんだろうと言うと「なんとかする人」ですかね。難しい仕事も大きな仕事も、あの手この手で円滑に進め遂行する。 ちなみにドラッカー著の「マネジメント」では、以下が書かれています。 (P・F・ドラッカー. マネジメント[エッセンシャル版]. ダイヤモンド社. より引用) ■マネジメントの3つの役割 ・組織に特有の使命、すなわちそれぞれの目的を果たすための存在 ・仕事を通じて働く人たちを生かす ・自らの組織が社会に与える影響を処理し、社会問題の解決に貢献する ■マネージャーとは何か 組織の成果に責任を持つ者 ■マネージャーの2つの役割 ・部分の和よりも大きな全体、すなわち投入した資源の総和よりも大きなものを生み出す生産体を創造すること ・あらゆる決定と行動において、ただちに必要とされているものと遠い将来に必要とされているものを調和させていくこと ■マネージャーの仕事 ・目標を設定する ・組織する ・動機づけとコミュニケーションを図る ・評価測定する ・人材を開発する ■マネージャーの資質 学ぶことことのできない、後天的に獲得することのできない、始めから身につけていなければならない資質が、真摯さ。愛想良くすることでも人を助けることでも人付き合いをよくすることでもなく、一流の仕事を要求し自らにも要求する、真摯さ。 ※かなりざっくり引用(抜粋)していますので、ぜひ著書をじっくりお読みください!大著「マネジメント 課題、責任、実践」はさすがに読む気が微塵も起きませんでした。この「エッセンシャル版」がおすすめです。初心者向けにまとめられています。 ここからはプライベートについて聞いてみます。 ― プライベートはどうお過ごしですか? 安宅:平日は仕事帰りに 1日平均 15km 以上、走っています。休日は早朝に走ってから、子どもと外で遊んだり、出かけたりしています。山に走りに行き大阪府内の公園で開催されている練習会に参加することもあります。11月の淀川マラソンでSUB3(※1)を獲ったら同僚からあるご褒美をもらえることになり、ご褒美目的に今年の3月6日にマラソンを始めました。開始当初から比べると、体重は11kg減、体脂肪は11%減です。淀川マラソンまでマラソンを続けます。 ※1 SUB3(サブスリー)とは、フルマラソンで3時間を切るという市民ランナーの目標 長井:子どもが寝たあとに、ホットプレートに パンと6Pチーズを並べて焼いて、ワインかウィスキーをちびちびやりながら、「Netflix」を見たりしています。6Pチーズも種類によって味が変わって、うまいんですよ! 長井の話を聞いて筆者も6Pチーズを焼いてみたのですが、待ちきれずカリカリになる前から食べ始め、途中からはそのまま食べるということになってしまいました。テーブルではなく、キッチンのコンロで挑んでしまったから?という言い訳です。 ― 最後に、おすすめの本を教えてください。 ■ 安宅のおすすめ ①「ランナーズ」 タイムを伸ばすためには、フォーム改善や体幹トレーニングが必要となるので、本を参考に取り組んでいます。他のランナーの声もたくさん載っているのでモチベーション向上にも役立ちます。 ■ 長井のおすすめ ②「星を継ぐもの」(著者:ジェイムズ・P・ホーガン) ③「UNIXプログラミング環境」(著者: Brian W.Kernighan ) (写真左:③、写真右:②) ②「星を継ぐもの」 おすすめできるポイントは、まず体裁としてはSFものですが、物語の流れはミステリーで、展開に「あっ」と驚かされるところです。また、今回紹介しようと思った理由でもありますが、物語の大部分が科学者などが集まっての会議を描いているところです。全く意見の違う人たちが喧喧諤諤(けんけんがくがく)しながらもひとつの結論へ進めていくという、なにか仕事の再現を見ているようなところがあって、とても面白いです。 ③「UNIXプログラミング環境」 私がプログラマーとしてこの業界に入るときに読んでいて、開発者としての基本的な考え方に強く影響を与えてくれた本です。 初版の1985 年から30年以上経ち、UNIXがLinuxへ変わったなどの進化はあります。しかし本質的なところは変わっていないので、これから開発の仕事に携わる方にもおすすめします。最近知ったのですが、2017年に改訂版が出ていますので、30年経った現在でも需要がある本だということですね。 安宅 哲二 <プロダクト開発部 第三プロダクト開発グループ マネージャー> 2009年7月に入社し、第二ソリューショングループに配属。2014年4月に同グループのサブマネージャーに就任。翌2015年5月より同グループのマネージャーに就任。2017年4月に第三プロダクト開発グループにマネージャーとして異動、現在に至る。 当社プロダクト「Synergy!」の保守をメインとした業務や、当社で請け負った SIの保守、開発業務を行う。 長井 健 <プロダクト開発部 第四プロダクト開発グループ マネージャー> 2009年に入社し、コアプロダクトである「Synergy!」を開発するチームにプログラマーとして従事し、1年程度でリーダーに就く。次にSalesforceのプラットフォームを基盤とするクラウド型のBtoBマーケティングツール「Synergy! LEAD」の開発チームに異動。開発からサポート、お客様交流会運営、セミナー実施までさまざまな業務を担当。その後「Synergy!」の開発チームにマネージャーとして異動、日々試行錯誤しながら「Synergy!」のメール、LINE、アプリプッシュ、SMSなど消費者向けマーケティングメッセージングサービスの開発をメインにするチームでマネージャーを現任。 おわりに 肩を組んだトップの写真ですが、筆者が肩組を要求しました。普段からこんなノリではないと思います。 安宅の若干の苦笑と長井の照れ笑いにやらされ感が漂っていますね。 ※このコンテンツは、インタビュー時点の内容となります。

TOP Message CRMと広告の連携を実現する

TOP Message

私たちは約20年にわたり、“顧客とコミュニケーションをよりよくしたい”、というお客様の課題に向き合ってきました。
また、創業以来の当社のサービスポリシーである、“101点のサービス”。お客様からのご期待を超える、+1点の驚きや喜びを与える姿勢でお客様の課題の解決に全力で取り組んできました。

企業が生活者とコミュニケーションを行う方法は、メールを使って情報を送り届けるという形から、Webサイトへの誘導やSNSでの双方向な情報交換、データを活用したWeb広告というように、時代と共にますます多様になっています。

このように複雑化する企業と生活者との関係性。それをよりよくしたい、というお客様の課題を解決すべく、我々は様々な変化と進化を遂げてきました。2005年に弊社の主力商品である統合顧客管理(CRM)システム「Synergy!」の提供を開始し、様々な企業と協業を行い、2010年には日本で初めて米国セールスフォース・ドットコム社と業務・資本提携を果たします。さらには2014年に広告とCRMの融合を目指して日本最大のメディアであるヤフー株式会社の子会社となるなど、常に自らマーケットを創る姿勢で、変化の先導役となってきました。

2019年、私たちはヤフー株式会社を卒業し、広告とCRMの融合の先の未来を見据えて進みだします。

5年後、10年後に企業と生活者はどのような関係になっているだろうか。
生活者が企業を選ぶ時代において、情報はどのような役割を果たすべきか。
そのために必要なコミュニケーションはどうあるべきか。
生活者に選ばれるために、企業が何をするべきか。

変化する未来においても変わらず存在しているであろう“生活者とのコミュニケーションをよりよくしたい”というお客様の課題に101点のサービスで一緒に向き合ってもらえる仲間を探しています。

幸せな情報社会の実現を目指し、一緒に未来に向かって進んでいきましょう。

シナジーマーケティング株式会社
代表取締役社長
田代 正雄