CRM革命への挑戦が、今、はじまる。 TOP Message

New Graduate

Information

採用ブログ

「ひとりでできる」はただの自己満足。周囲を巻き込み、お客様にとってのベストを。

新卒入社以来、大阪を中心に西日本でフロントセールスとして活躍。 1年に1度の全社MVP表彰では、2018年に新人王を獲得している樽井(たるい)にインタビューを行いました。 後半では、プライベートについても聞いていますので、ぜひ最後までお読みください。 これまでに印象深い仕事はありましたか? とあるBtoCのお客様(企業)を担当することになり、実際に私がそのブランドのファンとして体験したことをもとに消費者目線での提案を行いました。 その後、その提案が実現されているところを目の当たりにして「お客様の事業に関わっている」と実感しました。 壁にあたったことはありますか? 上司が担当していた重点顧客の引き継ぎを一気に受けた時です。 業務量の急な増加もですが、お客様の信頼を得ることの難しさを感じました。 どう頑張っても前任である上司を超えることができない。お客様からは、上司と比較されているように感じてしまい、とても辛かったです。この時は、必死に目の前のことに対して、スピードとクオリティを徹底しました。 心配事があれば、他の先輩方に都度相談していました。上司や先輩、担当ディレクターなど周りのサポートのおかげで、2年経った今では、これらのお客様と当初以上の取り引き拡大に至っています。 仕事は一人ではできない。一人でなんでもかんでもやることは、ただの自己満足でしかない。 お客様の立場で考えると、周りを巻き込んで仕事をすることもスキルの1つ。 この壁を乗り越えられたことは、大きな成長になったと思います。 上司との忘れられないエピソードなどがあれば教えてください。 2つありまして、まず1つ目から。 自己の停滞は、すなわち衰退。大変で困難な仕事は、成長の機会。うれしい気持ちで向き合う。 仕事が増え、立ち行かなくなっていた時、上司に「成長の余地があることを喜べ」と言われました。 「もし自分が今『停滞』していたら、その間、周りは成長している。周りを主語にすると自分の『停滞』とは『衰退』している状態である。だからこそ、成長しているという実感を常に求め続けなければならない。『停滞』を感じたなら、危機感を持つべきだ。」と。 その話を聞いてからは、大変で困難なことがあっても、成長機会であるとうれしく思って向き合うようにしています。 もう1つは、表彰受賞です。 当社では、部門単位や全社での表彰制度があり、年に何度か表彰をいただける機会があります。 私は、賞レースには全く興味がありませんでした。ですが、当時の上司から、私が賞を獲ることが一番うれしい、と言われ、賞に対する思いが一気に強くなりました。 ありがたいことにその年に3つの賞(事業本部 敢闘賞、事業本部 優秀賞、全社 新人王)をいただきました。上司や先輩、関係している皆さんが喜んでくれて、うれしかったです。 上司には、お祝いとして大阪難波にある老舗のかに料理店に連れて行ってもらいました(笑) 当社を志望した理由、入社の決め手を教えてください。 企業の事業に関わる仕事がしたい、事業の支援がしたい 当社がマーケティングをドメインとする会社であり、さまざまな業界の事業と関わる仕事ができると思ったからです。 学生時代は、プロスポーツクラブ等への就職を検討していて、インターンシップにもたくさん参加しました。 インターンシップ経験を通じて、スポーツ業界だけに詳しいだけでは、戦力になれないと感じました。ヒト・モノ・カネがどのように動いて、循環を生むのか。企業にどんな課題があるのか。それら情報をもとに提案・判断ができるビジネスパーソンになりたいと思いました。 そこで、事業を支援する側でマーケティング領域の仕事ができる当社を選びました。 さらに決め手になったのは、当時の社長が、学生からの「どんな時に一番幸せを感じますか?」という質問に、「誰かや何かに対して見返りを求めず、ただ喜んでもらいたい。そしてそのことにありがとうと言われる瞬間。」と答えたことです。 深く共感し、この人の会社で働きたいと思いました。他社の選考を全て辞退し、シナジーマーケティング1本に絞り就活しました(笑) 樽井に日々のスケジュールを聞いてみました。「どんな1日を過ごしているの??」と仕事のイメージがわかない学生の皆さま、参考にしてください。 ここからは、プライベートの話を聞きたいと思います。 何か趣味はありますか? 買い物が好きです!BtoC企業の担当になったら、まずは、消費者の気持ちで商品やサービスを購入・体験し、ものすごいスピードでリピーターになります(笑)浪費家です(笑) でも、それがすごく楽しくて。マーケティングに関わる仕事をしていてよかったなといつも思います! おすすめの映画を教えてください。 ①「プラダを着た悪魔」(監督:デヴィッド・フランケル、原作:プラダを着た悪魔) ②「マイ・インターン」(監督:ナンシー・マイヤーズ) ③「めがね」(監督:荻上直子) (写真左:①、写真右:③) 「プラダを着た悪魔」、「マイ・インターン」は、アン・ハサウェイが演じるキャリアウーマンの映画で、大好きです。私のバイブル映画です。 「めがね」は、鹿児島県最南端の与論島が舞台の映画です。何か悪いことや嫌なことがあったら黙ってビールを片手にこの映画を観ます。もたいまさこさんが演じるさくらが言う「大切なのは、焦らないこと」という台詞が印象的な、ゆる~い映画です。 元気さと可愛さをバランスよく持つ樽井には、明るいパワーとやわらぎをもらいます。さらなる成長、今後のキャリアウーマン樽井が楽しみです(笑) 樽井 みずき <事業本部 西日本事業部 デジタルマーケティングG> 2016年新卒入社で西日本営業グループに配属。以来4年間、西日本の直販営業を担当し、自社CRMクラウドサービス「Synergy!」の販売、デジタルマーケティングのコンサルティング業務(WEB広告運用/WEB制作/CRM戦略立案/データ・アクセス分析/システム構築)に従事。近頃は、新規開拓営業、重点既存顧客の年間支援を受け持つ。自社クラウドサービスのブランディングプロジェクト、顧客交流会イベント、新卒採用・研修など、さまざまなプロジェクトに参加し、新卒育成(OJT)にも尽力している。 ・全社MVP表彰についての投稿はこちら ※このコンテンツは、インタビュー時点の内容となります。

新卒研修終了インタビュー これまでの振り返りとこれからの意気込み

5月末で新入社員入社時研修が終了し、6月より東京と大阪に仮配属されました。現場でのOJT研修がはじまり、各々業務に就きます。このまま本配属になることも、秋に別の部署に本配属となることも。 研修は、厳しく感じることも多かったようですが、「成長」などポジティブな言葉がたくさん出てきました!これからは、仕事の楽しさややりがいを知っていってほしいです。ライバルは、昨日までの自分! 事業本部 東日本事業部 プロフェッショナルサービスG(東京オフィス) 配属 ー 約2か月の研修は、いかがでしたか? 「成長」が常に求められる、学生時代とは全く違う環境に、4月は心が疲れました。泣いてしまうこともありました。研修部署の皆さんや先輩方からの温かい励ましをいただいて、5月からは、気持ちをコントロールするのが上手くなりました。そういった意味で、成長できたと感じています。 ー 6月からの意気込みや思いを教えてください。 希望どおりの拠点、部署に配属されたからには、しっかり利益に貢献できる人材にならなければと思っています。 先輩方からたくさん学び、自分のものにできるよう、怠らず、気を抜かず、頑張っていきます! 事業本部 東日本事業部 プロフェッショナルサービスG(東京オフィス) 配属 ー 約2か月の研修は、いかがでしたか? 正直この2か月間は、辛いことの方が多かったです。特に、田代塾のプレゼン発表はもう思い出したくないです(笑) 研修では、自分の想像より大きい「自己の現状と理想のギャップ」を知りました。そして「今、何が自分に足りないのか」「なぜ、その要素(=力)が足りていないのか」「その要素(=力)を付けるには、今後どうしたらよいか」を明確にしていきました。先輩方の教えにより、成長には、振り返りを行うことが重要だということも学びました。 管理職の皆さんや先輩方が業務の合間を縫って、多くの時間と労力を割いて、私たち新入社員にアメとムチで教育してくれたことを本当に感謝しています。 ー 6月からの意気込みや思いを教えてください。 「組織に貢献し続けられる存在になりたい」と強く思っています。 「研修」という肩書きがなくなり、「本配属」という新たな階段を上がることに不安を抱いている自分がいます。一方で「前に進んでしまえばもう後退はないのだから思う存分やってやろう!」と強気な気持ちで胸を躍らせている自分もいます。 まずは、目の前のことに全力で取り組み、一つずつできることを増やし、早く組織に貢献できるようになりたいです。そして、自己の目標に向かって努めていきたいと思います! 事業本部 東日本事業部 プロフェッショナルサービスG(東京オフィス) 配属 ー 約2か月の研修は、いかがでしたか? 先輩方から仕事の楽しさや厳しさを学びました。同期と競い合って課題をこなしていく中で、「できない自分」をなかなか認められず、精神的にきついこともありました。ですが、そんな自分を救ってくれたのもまた、先輩方や同期でした。私たちを育てようとする会社の思いを感じ、そして、つらい研修期間を共に過ごした同期と仲を深めることができた2か月でした。 ー 6月からの意気込みや思いを教えてください。 先輩方のスキルや知識を根こそぎ吸収したいです! 細かい業務内容を覚えるのはもちろんですが、すぐ隣で、先輩方の仕事に対する姿勢などを肌で感じて吸収していきたいです。そして、まわりとの密なコミュニケーションを大切にしていきたいです。 プロダクト本部 プロダクト開発部 第四プロダクト開発G(大阪オフィス) 配属 ー 約2か月の研修は、いかがでしたか? 社会人としての「基礎知識」や「あるべき姿勢」を学びました。 この2か月間においても、この2つを必要とする場面が多々あり、必要性を体感しました。 2か月間のインプットとアウトプットを通して、社会人としての基礎を学び、成長できたと感じています。 ー 6月からの意気込みや思いを教えてください。 「自己の成長」と「組織への貢献」をしたいと思っています。これからの実際の業務において、学び続けて、どんどん成長したいと思います。 今はまだ社会人として貢献はできていませんが、研修で学んだことを活かして、効果的に貢献をしていきたいと思います。 事業本部 東日本事業部 プロフェッショナルサービスG(東京オフィス) 配属 ー 約2か月の研修は、いかがでしたか? こんなに何もできないんだと痛感する日々でした。痛感したからこそ、頑張ろうという意欲がわきました。その結果、何事にも対しても受け身だった自分が積極的に考え、動けるようなったと感じます。 ー 6月からの意気込みや思いを教えてください。 これまでの研修では、いち早く利益を生み出すための準備をしてきたので、早く少しでも活かしたいです。希望する営業部署でのローテーション研修では、自己イメージと現状の能力の差が、思いのほか大きいことを体感しました。そのギャップを埋めるために、配属された部署で、自社サービス「Synergy!」の理解を深めることが重要だと思っています。「Synergy!」の全機能を網羅して知り尽くす気持ちで業務に臨みます。 (写真:研修終了の打ち上げ) 今後は、新入社員の活躍をレポートしていければと思っていますので、ご期待ください♪ ※所属はじめ記載の文面は、インタビュー時点の内容となります。

新卒はじめての任務、お花見BBQの極意「ビールを冷やせ」の伝承

こんにちは、広報の広瀬です。 4月上旬に大阪で開催されたBBQの様子をご紹介します。 新卒社員の登竜門とも言える、はじめての任務がお花見BBQの企画運営です。今年は桜の時期が早く、お花見は諦めました。他イベントとの日程の兼ね合いで、日程優先での開催です。 新卒メンバーの工夫 ・テーマ 「自分たちを知ってもらおう、名前を覚えてもらおう」とし、名前を覚えてもらえるようなクイズ大会を実施! ・小さいお子様も楽しめるコンテンツ 今年は、シャボン玉を用意。楽しんでくれたようです♪ ・先輩社員のアサイン 当日の役割分担を考えたところ、新卒だけでは人数が足りないということになり、2年目の先輩社員をアサインしていました。先輩たちは、快く引き受けてくれたそうです。まわりを巻き込む力、大事です。 ・紙の案内 先輩社員と対面コミュニケーションを取りたい、集客目標を達成したい、ということで、紙の案内を作成し、手渡しで集客を行っていました。もちろんメール配信も! ・お肉をたくさん BBQなのに、お肉が少ないと残念だよね、ということで、お肉をたくさん準備。みんなここぞとばかりにお肉に群らがっていたようです! BBQの極意「ビールを冷やせ!!」 何年も伝承されている当社、外飲みイベントの開催極意です。ビール好きは、キンキンに冷えたビールじゃなきゃ嫌なんです!冷たいビールの提供は、社長の田代の譲れないポイントなんです! 「そんなに冷えてなくても良いんじゃない…」なんて、ぬるい考えは禁物! 冷えたビールと美味しいお肉があれば、BBQは成立する 笑 お花見などを新卒のはじめての任務としている企業は他にもあるかと思いますが、企画運営は、思いのほか難しいものです(ちなみに、安全面から、深夜や早朝からの場所取りは禁止しています)。 友人同士でお花見やBBQをするのとは違って、集客や満足度、予算を意識して企画運営をしなければなりません。先輩や上司からは、仕事ぶりを見られていそうで、新卒にとっては、気の休まらないイベントになったかもしれません。

TOP Message CRMと広告の連携を実現する

TOP Message

私たちは約20年にわたり、“顧客とコミュニケーションをよりよくしたい”、というお客様の課題に向き合ってきました。
また、創業以来の当社のサービスポリシーである、“101点のサービス”。お客様からのご期待を超える、+1点の驚きや喜びを与える姿勢でお客様の課題の解決に全力で取り組んできました。

企業が生活者とコミュニケーションを行う方法は、メールを使って情報を送り届けるという形から、Webサイトへの誘導やSNSでの双方向な情報交換、データを活用したWeb広告というように、時代と共にますます多様になっています。

このように複雑化する企業と生活者との関係性。それをよりよくしたい、というお客様の課題を解決すべく、我々は様々な変化と進化を遂げてきました。2005年に弊社の主力商品である統合顧客管理(CRM)システム「Synergy!」の提供を開始し、様々な企業と協業を行い、2010年には日本で初めて米国セールスフォース・ドットコム社と業務・資本提携を果たします。さらには2014年に広告とCRMの融合を目指して日本最大のメディアであるヤフー株式会社の子会社となるなど、常に自らマーケットを創る姿勢で、変化の先導役となってきました。

2019年、私たちはヤフー株式会社を卒業し、広告とCRMの融合の先の未来を見据えて進みだします。

5年後、10年後に企業と生活者はどのような関係になっているだろうか。
生活者が企業を選ぶ時代において、情報はどのような役割を果たすべきか。
そのために必要なコミュニケーションはどうあるべきか。
生活者に選ばれるために、企業が何をするべきか。

変化する未来においても変わらず存在しているであろう“生活者とのコミュニケーションをよりよくしたい”というお客様の課題に101点のサービスで一緒に向き合ってもらえる仲間を探しています。

幸せな情報社会の実現を目指し、一緒に未来に向かって進んでいきましょう。

シナジーマーケティング株式会社
代表取締役社長
田代 正雄